法被と半纏の違いについて|法被(はっぴ/ハッピ)の通販専門店によるオリジナル作成や半天(半纏/はんてん)の卸販売ならお任せ下さい。

【法被の卸】をお訪ね頂き、誠に有難うございます。お祭り半天・販促イベント半纏、などを職人達の技術を駆使し必ずやお客様にご満足頂ける半被/はっぴを通販専門店にて制作販売致します。

安い!早い!親切対応!をコンセプトに、半天の業界最安値を意識した激安・格安にてハッピの特注オリジナル半天制作を追及致します。

法被の卸イメージ画像
 

トップページ>法被と半纏の違いについて

法被と半纏の違いについて

法被と袢纏の違い、それは現代においてはかなり曖昧なものであり、じつのところほとんど同じものを指す言葉として使われています。

しかし厳密に言えば、当店でも激安オリジナル製作を承っているようなお祭りやキャンペーンイベントで着用されるものは「半纏」となります。

そしてその、はんてんは法被を真似て作られた考えられており、

そのことからも、生まれたのは半被のほうが先だということがわかります。

そんな法被が生まれたのは江戸時代初期の頃でした。

一般的に私たちがイメージする当時のハッピは大工職人や火消しなどのユニフォームであったりすると思いますが、元々は羽織のひとつとして、家紋などを染め抜いたものを武家が着用し始めたのが起源とされています。

その見た目は当時の一般庶民の間でも格好良いと憧れを抱く存在であったようですが、当時の身分制度の維持を図るために、身分相応以上の服装をしてはいけないという法令があり、武家よりも下の身分の者にはこの法被の着用は許されておりませんでした。

そこで作成されたのが安い袢纏です。

当時の法被は羽織と同様、襟を返すものでしたが、半纏は襟を返さず、またその法令に触れないような木綿などの素材で作られました。

そのため法被の中には広袖のもの存在しますが、半纏にはそれがないのもそういった理由からのようです。

そしてその袢纏は次第に庶民の生活に深く密着した普段着や作業着となっていったのです。
このことから、厳密に言えば法被は正装用、袢纏は普段着用という区別を付けることができますが、江戸時代の後期頃にはすでに現代と同じく、その違いは曖昧なものになっていたそうです。

また、丹前(たんぜん)や褞袍(どてら)と呼ばれる防寒用に中に厚く綿を入れて制作された上着のことを綿入れ半纏と呼ぶ場合があります。

しかしこの形状は基本的には広袖で布地も派手であったことから、どちらかというと半被ではないのではないかと思われますが、

しかしこれを綿入れ法被とはあまり呼ばれていないようです。


このように現代においてはその呼び名はかなり曖昧にはなっていますが、プリント印刷技術などの発達により、はっぴのオーダーメイドは今や格安でできるようになりました。しかも当店のように通販スタイルの特注販売専門店も増え、自宅などにいながらにして注文することが可能となったのです。


フルオーダーお見積りフォーム セミオーダーお見積りフォーム お問い合わせはお気軽に。

法被の卸ロゴマーク

フリーダイヤルでのお見積もりも大歓迎