法被の歴史|法被(はっぴ/ハッピ)の通販専門店によるオリジナル作成や半天(半纏/はんてん)の卸販売ならお任せ下さい。

【法被の卸】をお訪ね頂き、誠に有難うございます。お祭り半天・販促イベント半纏、などを職人達の技術を駆使し必ずやお客様にご満足頂ける半被/はっぴを通販専門店にて制作販売致します。

安い!早い!親切対応!をコンセプトに、半天の業界最安値を意識した激安・格安にてハッピの特注オリジナル半天制作を追及致します。

法被の卸イメージ画像
 

トップページ>法被の歴史

法被の歴史

日本において全国各地で催される伝統的なお祭りにオリジナル法被は欠かせないものですが、昨今ではそれは以外にも様々なイベントや販促キャンペーンのスタッフユニフォームとして、またアイドルのコンサートやスポーツ観戦時の応援用としても広く、様々なデザインでプリント印刷された特注制作袢纏が、格安販売され、そして利用されています。

安い価格でもハイクオリティな逸品に仕上げることが可能な通販専門店である当店は。そんな法被のオーダー製作を激安価格で承り、お客様のオリジナルデザインでスピーディーに作成しお届けすることが可能となっております。

そこで、そんな法被の良さをより詳しく知っていただきたく、ここではそのルーツを紹介していきたいと思います。興味のある方は是非一度、ご覧下さい。


法被の語源

平安時代以降の公家の正装は束帯(そくたい)と呼ばれるもので、下から単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したがさね)、半臂(はっぴ)、袍(ほう)を順に着る日本独特の民族衣装がありました。そしてこの袍の下に着る半臂と呼ばれるものは袖のない胴衣だったのですが、法被はこれが語源だと言われています。

ちなみに、仏教において位の高い僧が座る椅子の背もたれには布が掛けられておりますが、これも法被(はっぴ)と呼びます。しかしかれは衣類としてのそれとは関係ないとされており、単なる当て字だと見られています。

そのためこのような語源から見るに、正しくは「半被」と表現するほうが自然だと言えます。


法被は武家の衣装として

江戸時代に入ると、家紋などを染め抜いた法被が生まれ、武家社会の間で流行となりました。当時のこれは羽織に近いもので胸紐つきの単(ひとえ)に襟を返しているのが一般的でした。

しかし当時の法令により、町人などの武家よりも身分の低い者たちは羽織を着用することは許されていませんでしたので、この半被を真似て庶民用にと作られたのが襟の返しがない、半纏でした。

したがって厳密には武家以上の位の者が着るものを「ハッピ」、そうでない者が着ることができるのが「はんてん」といった区別があったのですが、これは江戸時代末期頃には次第に曖昧になっていったと考えられています。


フルオーダーお見積りフォーム セミオーダーお見積りフォーム お問い合わせはお気軽に。

法被の卸ロゴマーク

フリーダイヤルでのお見積もりも大歓迎