法被の用語集|法被(はっぴ/ハッピ)の通販専門店によるオリジナル作成や半天(半纏/はんてん)の卸販売ならお任せ下さい。

【法被の卸】をお訪ね頂き、誠に有難うございます。お祭り半天・販促イベント半纏、などを職人達の技術を駆使し必ずやお客様にご満足頂ける半被/はっぴを通販専門店にて制作販売致します。

安い!早い!親切対応!をコンセプトに、半天の業界最安値を意識した激安・格安にてハッピの特注オリジナル半天制作を追及致します。

法被の卸イメージ画像
 

トップページ>法被の用語集

法被の用語集

この度は、≪法被の卸≫にご訪問頂き、誠にありがとうございます。はっぴ制作過程における専門的な言葉を集めてみました。ご参考になれば幸いです。また、個別のお問い合わせも随時承っております。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

法被/半天関連

筒袖
筒袖(つつそで)は、つつっぽ、筒袍(つつぽう)とも呼ばれ、和服で、袂(たもと)の部分の無い筒形の袖のことをいいます。また、筒袖の付いた着物そのものを「筒袖」と呼ぶこともあります。その特徴として、袂が無いほか、袖全体が身頃に直接縫いつけられています。
埴輪や高松塚古墳壁画、正倉院宝物などから、平安時代はじめ頃までは、着物の袖はすべて細い筒袖であったと推測されます。その後の文化や生活様式の変化により、袖は徐々に大きくなっていったようです。
現在見られる筒袖の和装には、はっぴや肌襦袢、お宮参りの晴着などがあります。
広袖
広袖(ひろそで)は和装の袖の形の一つで、袖口を縫わずに全部あけてあるものをいいます。袖口の下を縫い合わせずに、袖丈いっぱいまで開いたままになっています。半被/半天の種類にも、その袖の形状から、広袖半天と呼ばれるものがあります。
角袖
和装で、袂に丸みをつけない角形に仕立てた袖を、角袖といいます。
男性の和装コートは角袖外套といい、ハッピ/半天にも、その袖の形状から、角袖ハンテンと呼ばれるものがあります。また、洋服に対して和服のことを「角袖」と呼んだりもするようです。刑事のことを「デカ」と呼んだりするのは、実は「カクソデ」に由来します。明治時代に職務上、洋装の制服ではなく、和服を着ていた巡査のことを、「角袖巡査」あるいは略して「角袖」と呼んでいたのです。
飾り袖
袖をほぼ無い状態にして、肩の上部にのみ生地が被さるような仕立てです。袖無しよりも華やかさがでるので、太鼓半纏やよさこいハンテンで多く仕立てられます。
襟ハタキ
はっぴ/半天の襟の部分を縫製する際に上からステッチする方法です。
襟おとし
法被/半天の本体と衿の境目を縫製していく方法です。衿が少し前面に浮かび上がるような仕立てになっており、高級感をかもしだします。
襟名入れ/襟替え
半被/半纏の衿の部分に文字や家紋をいれることをいいます。(既に縫製まで仕上がっている)既製品の襟部分にだけ印字することを「襟名入れ」、襟部分だけ生地ごと替えてしまうことを「襟替え」と呼びます。
汗取り
肩の裏側に別の綿生地を当てる仕立てです。汗の吸水効果があり、擦れて肌が痛まないようにする効果もあるので、神輿はんてんなどに最適の仕立てです。
背割れ
法被/袢纏の背中の部分のセンターに、縫い目が入る仕立ての総称です。
実際に2枚の生地を継ぐ背縫いと、ひとつの生地をつまんで、継いでいるように見せる背摘みの2種類があります。神輿半纏で多く使用されており、高級感を演出します。
背縫い
背割れ仕立ての一種で、半被/半天の背中にあたる部分を幅の狭い2枚の生地で継ぐ仕立てです。昔は幅の広い生地がなかったため、このような仕立てがあみだされました。
背摘み
ひとつのアクセントとして、1枚の生地を2枚で継いでいるかのように見せます。背割れ仕立ての一種です。
背紋入れ
はっぴ/半天の背中の部分に大きく文字や家紋をいれることです。印半纏や火消し半纏などで大きく背中に映える文字は見栄えのいいものです。
印半纏
火消しや大工などの職人が、所属する組や店の紋章、文字などをいれた半纏です。有名な火消しの半天では、一目でどこの組なのか、その人の地位はどれくらいなのか、誰がリーダーなのかがわかるようになっていました。
ちりけ
衿の首にあたる場所に、家紋などを小さく染め抜く仕立てです。
胴周り
ハッピ/ハンテンの身頃の胴にあたる部位にぐるっと囲むように、波や吉原などの幾何学模様を染め抜くことをいいます。
捺染(なっせん)
染料を糊に混ぜたものを布に直接すりつけて染める技法のことを指します。
鯨尺(くじらじゃく)
日本ならではの漁業には、鯨漁がありますが、その獲れた鯨のひげを物差しにしていた時代がありました。その名残で、現代でも法被の製作には、鯨のひげを1尺とした、鯨尺で寸法などを図っていたりします。
袖付け(そでつけ)
肩口の縫製を行う事、または半纏の身頃に袖を付ける行為を指します。

布/デザイン関連

晒し
洗った布などを日光に当てて白くすることをいいます。また、そうした布を「晒し」あるいは「晒し木綿」と呼びます。
平織り
織物の基本組織の一つです。経(タテ)糸と緯(ヨコ)糸を交互に交差させて織る、最もシンプルなものです。丈夫で摩擦に強いといった利点があり、広く応用されています。
綾織り
経(タテ)糸が緯(ヨコ)糸の上を2本(3本)、ヨコ糸の下を1本、交差して織られていますので、生地の織り目が斜めに走っています。斜めに入る線の事を、斜紋線(しゃもんせん)、または綾目と呼びます。しなやかな風合いで、伸縮性に優れ、シワが寄りにくいなどの利点があります。
繻子(しゅす)織り
経(タテ)糸と緯(ヨコ)糸の交わる点が少なく、布面にタテ糸あるいはヨコ糸のみが現れるように織られています。布面には、タテまたはヨコのうきが密に並び、光沢があって肌ざわりの良い織物です。
紬(つむぎ)とは紬糸を、機織りの緯(ヨコ)線と経(タテ)線の片方、もしくは両方に用いて織った布をいいます。また、紬で縫製した和服のこともいいます。
文字や絵などを凹凸で表し、印刷で用いる板状のものを版(はん)と呼び、版木、印刷版(凸版・凹版・平版・石版・木版など)を指します。また、版を製作する料金のこと「版代」といいます。
分散染料
ポリエステル生地を染めるための染料です。型染めやインクジェット出力で生地を染色し、蒸したり熱加工をすることで固着します。その後、水洗いで余分な染料の粒子を洗い落とし、乾燥させて仕上げます(昇華転写の場合は、同じ分散染料を使用した製法ですが、水洗いは行いません)。洗濯可能で、直射日光など紫外線にも比較的強いのが特徴です。
反応染料
綿を染める染料として現在最も普及しています。引き染めや型染め、インクジェットなどの手法で生地を染色し、蒸して化学反応させ、固着させます。その後、余分な糊や残った染料の粒子を洗い落とし、乾燥させて仕上げます。洗濯は可能ですが、直射日光などの紫外線には比較的弱いのが欠点です。
身頃(みごろ)
半被や半天、または衣服の襟や袖、衽(おくみ)などを除き、胴体部の前後を覆う部分の呼び名です。
生成り
手を加えて加工する前の状態の生地の事を生成り生地などと言い、あえてこの生地使用する事で、晒しの白さとは異なる味のある法被を制作する事が出来ます。
先染め(さきぞめ)
糸から先に染色する事で、色の選択幅を広げた綿生地になります。半纏以外にも、多用させる染色方法になります。
フルオーダーお見積りフォーム セミオーダーお見積りフォーム お問い合わせはお気軽に。

法被の卸ロゴマーク

フリーダイヤルでのお見積もりも大歓迎