はっぴ・半天の種類|法被(はっぴ/ハッピ)の通販専門店によるオリジナル作成や半天(半纏/はんてん)の卸販売ならお任せ下さい。

【法被の卸】をお訪ね頂き、誠に有難うございます。お祭り半天・販促イベント半纏、などを職人達の技術を駆使し必ずやお客様にご満足頂ける半被/はっぴを通販専門店にて制作販売致します。

安い!早い!親切対応!をコンセプトに、半天の業界最安値を意識した激安・格安にてハッピの特注オリジナル半天制作を追及致します。

法被の卸イメージ画像
 

トップページ>はっぴ・半天の種類

はっぴ・半天の種類

法被(はっぴ)も半天(はんてん)も、そのデザインに男女の別なく、大人から子供まで大きさの違いはあれど、広く着用でき、その形は羽織に似ています。袖の形から広袖袢纏、角袖袢纏、筒袖袢纏などがあり、さらにデザイン・柄、家紋などを染めつけたものなど、多種多様です。

祭半纏、神輿半天

現代、最も私たちが目にする半纏(ハンテン)といえます。祭神輿の担ぎ手が揃いの半天(法被・はっぴ)で威勢よく神輿を担ぐ勇姿は、都心でも時折見かけます。その光景は、現代に伝わる江戸絵巻といったところでしょうか。

刺子半纏

江戸時代、町の火消しが着用していた半天(法被・はっぴ)です。防炎用に、木綿の布の一面に刺し縫い加工がしてあります。頑丈であると同時に、水を多く含むことから、火消しが水を浴び、火事の熱から身を守るために、半纏に刺子加工が施されていたようです。

印半天/印絆纏(しるしばんてん)

大別すると、前述の神輿半纏や刺子半天もこの印絆纏に分類されます。背中に屋号や職業を表す文字などが入ります。火消しや植木職人、鳶職や神輿半天(法被・はっぴ)、お店の半天など、背中に文字や家紋の入るハンテンを総称して、印絆纏といいます。

印半纏は江戸時代後期から職人たちが着用していました。

綿入れ袢纏

「どてら」とも呼ばれます。保温効果を高めるために、生地を二重にし、その間に綿をいれた袢纏(ハンテン)です。

フルオーダーお見積りフォーム セミオーダーお見積りフォーム お問い合わせはお気軽に。

法被の卸ロゴマーク

フリーダイヤルでのお見積もりも大歓迎